女性の毎日を支える化粧品ですが、女性の日々を煩わせるのも化粧品。切れたら買いに行かなければならず、しかも忙しい時期に限って底を尽きたりして…、化粧品の購入は出費がかさむ点でも、化粧品を一式揃えることを「面倒だな」と感じてしまう人は少なくないはず。したほうが良いのはわかっていても、現実は正直しんどい!そんな声を受けて、みんなのスキンケアライン使いについてアンケートをとってみました。

なんと●●%が「ライン使いは面倒」と回答!

Q.化粧品を、化粧水(美容液)・クリーム…と一式揃えるのが面倒だと感じている
あてはまる・・・・58.4%
あてはまらない・・・・41.6%

「肌の悩みを持っている」または「良い化粧品を求めている」20代から40代の女性226人に、化粧品を一式揃えることについて、どのように感じているかアンケートを行ったところ、「面倒だと感じる」という回答が6割近くにのぼりました。必須とはいえ、面倒に感じてしまう人は、少なくないことがうかがえます。

ライン使いが面倒な理由は?

では、化粧品を揃えることが面倒に感じる理由は何でしょうか。アンケートに寄せられた声を見てみました。

1.ライン使いはとにかく高額!時間と手間がネックに

もっとも多かった回答が、出費を気にするものでした。コスメ用品はそれぞれのアイテムがなかなか高いので、まとまると値が張るのは否めません。

・全部揃えるとなると金銭的に厳しいし、何が絶対必要かがわからない(27歳/公務員)
・金銭的にも場所的にもかさばる(33歳/総務・人事・事務)
・値段が張る、順番に使うだけで時間がかかる(44歳/主婦)

化粧品の数だけお手入れに時間がかかるというのは納得です。

2.このアイテム意味ある?機能面の問題

類似した意見として、何種類も揃えること自体に疑問を持つ人が多くいました。

・一つ一つ自分に合ったものを探すのが面倒(20歳/学生・フリーター)
・化粧水が乾いてから次の美容液に、といった手順は、忙しい朝には無理(37歳/研究・開発)
・本当に必要かどうか、どの化粧品に効果があるのかわからない(43歳/主婦)

そして疑問を持った結果、多機能化粧品を使っているという回答も。

・オールインワンしか使わない(31歳/営業・販売)
・全部つけると時間がかかるので、オールインワン化粧品を使っている(41歳/主婦)

3.結局バラバラ!切れるタイミングの問題

そのほか、購入のタイミングに関する意見も複数あります。化粧品はほかのアイテムで代用することが難しいので、何かが切れるたびに購入が必要になります。

・何か一つなくなるたびに購入するのは面倒くさい(29歳/主婦)
・減るタイミングが合わない(37歳/デザイン関係)

「揃える」よりも自分にあった化粧品を

化粧品一式というと、化粧水・美容液・保湿クリームなどの基礎化粧品から、化粧下地とファンデーションにアイシャドウ・マスカラや口紅・リップグロスなどのメーキャップ化粧品まであり、かなりの品数になります。出費の大きさも当然ながら、確かに全ての化粧品でお気に入りのものを探すことや、常に全てを揃えることは、かなりの負担です。
美しくなるためのアイテム、化粧品。自分の肌の性質や色味に合うものを選ぶことが、より良い美を手に入れるためのポイントですが、化粧品一式を揃えるために、かえってストレスを感じている女性が多くいることがわかりました。
特に忙しい女性は、買いに行く以前に、日々複数の化粧品を扱う時間が惜しまれます。化粧品をセレクトすることがかえって負担になるならば、多機能化粧品を活用することもひとつの手です。

「ラインで使うこと」よりも大切なこと

つい義務のように感じてしまうスキンケアやメイクアップですが、1日のうちで一番長く鏡を見つめる時間。つまりある意味ではもっとも自分に向き合える時間です。そんな瞬間、眉間にしわを寄せていては、せっかくきれいになれるはずのメイクが台無しになってしまいます。化粧品を揃えることに躍起にならず、メイク本来の目的「きれいになる」ことを、ぜひ思い出してみてください。


朝が忙しい女性のためのスキンケア情報
  1. 時短スキンケアの方法はナニが正解?後悔しない時短のコツ
  2. 忙しい朝、スキンケアにゆっくり時間をかけてる暇はない…。そんな時にオススメの時短スキンケアをご紹介します。